ここでは、ここ数年で市場範囲の拡大を続けているインターネットを用いたビジネスモデルについて紹介しています。

インターネットビジネスは、ある商品をインターネット上のサイトで販売するという商法だけをさすものではなく、「ある商品を販売することの支援(商品の広告を掲載するなど)をするこ」とや、それに付随するサービスを提供すること、それ以外にも「インターネットを利用することそのものに関わるサービスや管理業務」など、様々なインターネットを用いたビジネスを総称したものです。

例えば、近年では当然のように知られるようになったGoogleなどの企業が提供している「検索エンジン」と呼ばれる便利な機能などがあります。この機能は「調べたい」と思った事柄のキーワードを入力することで、必要としている情報を掲載しているサイトの候補を一覧形式で紹介してくれる無料サービスです。

もちろんの事ながら、企業側はこの「検索する・紹介する」という機能だけを提供しているだけでは、その機能を開発するのも、使用しているうちに発生してくる問題点や改善してほしいなどの要望を満たすための、コストはどこからも捻出されません。つまり、この機能を提供する側の立場からすると、この段階ではボランティアにしか過ぎません。これではビジネスとしてはなりたちません。ここで重要となるのが、スポンサーです。

テレビなどでも耳にすることがあるかと思いますが、広告宣伝費というものが重要となります。「テレビの視聴率が高い=たくさんの人が宣伝を見てくれる=放送中のコマーシャルを見る人も多い=宣伝効果が高い」という流れは、スポンサーとなる企業からすると自力で宣伝を行うよりも遥かに効果が見込めると考えます。その「宣伝効果が見込める」という点にビジネスが成立してきます。

インターネットビジネスの業界でもGoogleなどの非常に多くのインターネットユーザが利用しているページに広告を掲載するということは、視聴率の高いテレビ番組の間に放送されるコマーシャルのように、路上で宣伝を行わずしてでも、多数のユーザがその広告を見てくれる可能性が高くなります。

このように検索エンジンなどの機能を無料で提供し「多数のユーザが利用すること」を目的の一部としているものは、宣伝を行う対価として宣伝費用を企業の運営資金や利益にすることを目的としたビジネスのモデルです。

一部の機能について簡単に説明させていただきましたが、このようにインターネットを用いたビジネスは、非常に多くの可能性を秘めています。このサイトでは既に存在しているジャンルやタイプなどを含め、これから起業を考えている方を含め、インターネットビジネスに関する基礎的な知識を身につけていただくための情報を掲載させていただいています。是非このサイトを活用していただき、インターネットビジネスの成功への第一歩にお役立ていただければと思います。